こんにちは、KANAです。

もうすぐ4月。私の住んでいる地域では、春を感じる暖かな気候になってきました。

そろそろ桜の花が咲く時期ですね。お花見の予定なんかも決まってくるころでしょうか。

今回は、春の花といえばコレ!お花見の主役である「桜(さくら)」の描き方をご紹介します。

まずはかんたん!桜の花から

まずは、桜の「花びら」を1枚描いてみましょう。

桜の花びら

この「花びら」を5枚、丸く配置して「花」にします。

桜の花の描き方
花びらを・・・ 5枚描きます おしべも描きました
桜の花の描き方
アレンジとして、花びらをつなげて描いてもかわいい♪ ちなみに、花びらを丸くすると「梅」になります。

桜の花+枝(えだ)も描いてみる

次に、「枝」に咲いている桜の「花」を描いてみましょう。

桜の花と枝の描き方 細長い枝を描きます。
桜の花と枝の描き方 枝の先に花を描きます。左下の小さな丸は、つぼみです。
桜の花と枝の描き方 黄緑色を指し色に加えて、おしべを描きこんだらできあがり。

桜の木、全体を描く

次は「桜の木全体」を描いてみましょう。

桜の木の描き方 木の幹を描きます。
桜の木の描き方 ビンクでもこもこを描いて、花のかたまりを表現します。
桜の木の描き方 ところどころに花びらを散らしてできあがり。


ピンクのもこもこをつなげて、幹を何本か並べると、「桜並木」も表現できます。

桜並木



スケジュール帳のアイコンにするなら…?

桜のイラストをそのまま使えば、「お花見」のアイコンにぴったり。シンプルな形にすると、スケジュール帳の小さいマス目にもおさまりがいいです。

桜のイラスト アイコン

お花見のアイコン

もし「お花見」のアイコンにするんだったら、桜以外にもこんなモチーフを使ってもいいですね。

お花見のアイコン1 お花見のアイコン2 お花見のアイコン3
お花見といえば「お団子」! 桜を見ながら「日本酒」で一杯、なんて場合はこれ いや、お花見といえばビールだよね!という場合はコレ?

まとめ

というわけで、今回は「桜」のイラストを描いてみました。

お誘いの手紙や季節のお便りなどに添えるとかわいいかも。春らしい色調で華やかに描いてくださいね。

それではヾ(* ’ – ’ *)マタネ〜♪

参考書籍

ボールペンでかんたん! まねするだけで四季のプチかわイラストが描ける本 (コツがわかる本!)

楽天市場で探す
Amazonで探す