こんにちは、KANAです。

普段、手帳やメモ帳に「リスト」を活用されている方も多いと思います。

やるべきこと(タスク)や、買わなければならない物などを、忘れないように一覧にしてメモしておくと便利ですよね。

今回は、文字を並べるだけになりがちなリストを、ちょこっと楽しくするアイデアをご紹介します。

ToDoリストに使えるイラスト

ToDoリストというのは「やるべきことリスト」のことです。ほかに「タスクリスト」と言ったりもします。

やるべきことを紙に書き出しておいて、終わったら印(しるし)をつけることで、どこまで進んでいるかが一目でわかります。もしやることを忘れてしまっても、記録しているので、かんたんに思い出すことができます。

ToDoリストは、一般的にはチェックボックスで表現することが多いかな?こんな感じで。

ToDoリスト チェックボックス

もしくは、項目の前に・(黒丸)をつけてリスト化して、終わったら取り消し線を引くーーこっちの方がよく見るかな?

ToDoリスト 黒丸

項目をやり終えた後に、何かしら印をつけられれば、イラストでも表現できそうですね。

やり終えたら塗りつぶすパターン

塗りつぶせるイラストアイコンにするのが、1番お手軽な方法です。

ToDoリスト 塗りつぶしイラスト

こんな感じで、最初にりんかくだけ描いておいて、やり終えたら塗りつぶします。

簡単な形のイラストだったら何でも使えそうですね。

塗りつぶしイラスト バリエーション

やり終えたらイラストが完成するパターン

リストの・(黒丸)を生かして、やり終えたらイラストができるようにするのもカワイイです。

ToDoリスト イラスト

ほかにも「・」を使って、こんなイラストにするのもいいかも。

「・」を使ったイラスト バリエーション

これ以外にも、色々と応用が効きそうです。

項目を「やる前」と「やった後」で、変化がはっきりと分かれば、どんなモチーフを使ってもOK。

ただ、イラストは極力シンプルなアイコンにするのがおすすめです。リストの項目がいっぱいになると、1つ1つイラストを描くのが大変になっちゃいますからね )^o^(

買い物リストに使えるイラスト

さて、次は「買い物リスト」に使えるイラストを描いてみます。

今日は何を買うんだっけ?というときでもリスト化しておけば一目瞭然。さらにイラストがあるとパッと見てわかりやすいです。

ToDoリストのように、1つ1つチェックするところをイラストにしてもいいのですが、普段の食材の買い物なんかは、1つの場所で一気に終わります・・・よね。

「印をつける」ということがあまり必要ないので、こちらは「買い物リストということが一目でわかって、楽しいメモにする」ということを重視してみます。

バッグ(かばん)をフレームにする

リストを囲うフレームを、バッグのイラストで表現してみました。

普段使っているエコバッグでもいいですし、スーパーのレジ袋や紙袋を使ってもおもしろいです。

レジ袋 フレーム
スーパーやコンビニでもらえるレジ袋をフレームに。真ん中のでっぱりを書くのがポイント。

紙袋 フレーム
高級スーパーやデパートでもらえるような紙袋をフレームにしました。

エコバッグ フレーム
普段使っているエコバッグをフレームにしても◎。

買うものを全部イラストにする

この方法は、描くのはめちゃめちゃ大変ですが、見た目は1番楽しい仕上がりになります。時間があるときはぜひチャレンジしてみてください。

イラストで表現しづらい(分かりづらい)ときは、結局、文字で説明を入れちゃいそうですが…。ほぼ自己満足の世界ですね(笑)

買い物リスト イラスト

家にある食材のメモに

たとえば夕飯の食材の買い出しで、メニューがまだ決まってない、なんてときありませんか?

スーパーで買い物しつつメニューを決めるつもりで、まだ何を買うかは決まってないときは、家にある食材をリスト化しておくと便利です。

家にある食材リスト イラスト

冷蔵庫をフレームにしたイラストにすると、家にある食材だとわかりやすいです。顔や手足をつけるとより可愛く見えそう☆

まとめ

以上、「リスト」に使えるイラストについて書いてみました。

リストって文字だけで書いても何も問題ないのですが、ちょこっとイラストを加えるだけで、なんだか可愛い雰囲気になりますよね。

モチーフを変えるだけでアレンジできるので、自己流で作りやすいかもしれません。リストを書く機会があったら、ぜひ試してみてくださいね。

それではまた〜ヾ(・ω・ )

参考書籍

毎日がもっと楽しくなる! 4色ボールペンでかんたん!かわいい手帳イラスト

楽天市場で探す
Amazonで探す